逗子市井TOP  ≫ 逗子行政・政治

逗子行政・政治

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逗子海岸花火大会2012





逗子海岸花火大会2012

帰国してゆっくりするヒマもなく、6/2(土)は逗子海岸花火大会だ。
そう、コロワイド花火大会だ!


[広告] VPS



海の家の問題などの関係で、海水浴シーズンとずらして開催されたものだ。
風もなく、寒くもなく花火日よりだったね。

しかし、コロワイドさまさまだね。

このスペシャルな費用は、しれっと副市長に居座っている小田鈴子女史の年俸と退職金を合わせたら余裕で捻出できるし、市長がコネで採用したホームページ更新係(年俸1000万円以上)の参事の年俸と退職金も考慮したら、更に盛大な花火大会ができるね。

それにしても、花火前後の掃除おばさんの活躍は痛いね。
マチコハウスの税金投入を既成事実化するのが狙いなのか!?



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

相模トラフでマグニチュード8の大地震!?





相模トラフでマグニチュード8の大地震!?


久しぶりに帰国。3週間ぶりの日本だ。
日本も暑いね。逗子も暑いあつい。

まだ野田さん首相やってたんだ。
まだ、民主党政権だったのね。ちょっとオドロキ。

え~、当然逗子はまだストロンチウム平井が市長だよね。

あまりに久しぶりで、新聞を見るのも億劫だが、
今日の産経新聞(電子版)に、産総研の調査結果が載っていたね。

120531産経縮小


関東大震災と同じパターンだと、震源地の中心(青色の楕円の中心)は、逗子あたりになっちゃうのかな?

やっと洪水被害から立ち直りつつあるタイから3週間ぶりに帰国したのに、また津波の心配をしなきゃならんとは・・・

まだ時差ボケが解消されていないので、リハビリエントリで肩慣らし っと




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

【逗子市議会人事】不労所得に目がないのは久木エリアの議員だけなのか?





【逗子市議会人事】不労所得に目がないのは久木エリアの議員だけなのか?



既に各所で報じられているように、先週4月12日の議会で本年度の逗子市議会の議長・副議長が決定された。


この交換日記では、かなり前から議長/副議長人事について触れてきた。
例えば、2月1日のエントリ「爆睡して日当17.6万円もらえる優雅な逗子市議会議員」や
2月5日のエントリ「【逗子市議会】喉から手が出るほど欲しい議長手当て【金まみれ欲まみれ】」などで既に議長選の行方を占っていた。


また最も美味しい不労所得ポストである副議長についても、
4月6日のエントリ「ストロンチウム平井の人気は全国レベル」の最後の一文のリンクにて行方を占っていた。


もちろん談合、議員間の票の貸し借りなど、紆余曲折があった模様だが、結果的にはこの交換日記での予想通り
爆睡しても議長になれ、昨年2011年10月11日のエントリ「逗子監査委員の9割はクズ」で触れたとおり監査委員で不労所得を得て、その味をしめてそのまま副議長の不労所得を狙うことも可能なのが逗子市議会という全国でもまれに見る最低レベルの議会の実態だ。
自分たちで決めた役職の連投はしないというルールさえ守れない議員たちだ。金のためならルールもへったくれもない。


今回の議会人事でも議長選出に関してクズっぷりをいかんなく発揮した各議員の右往左往ぶりについては追って特集してみたい。


今回の議長/副議長人事の画を描いて、不労所得役職を連騰することにした新副議長と犬猿の仲と言われ、過去2回の議長選に名乗りを上げて、議会を混乱させ、ついに一度も議長にさえなれなかった毛呂たけし氏は、議長/副議長選出の団会長会議の当日(4/3)、神奈川選挙区で街宣車に乗っているところが目撃されていた。
既に心逗子にあらずという状況が長く続いていたにもかかわらず議員報酬だけはちゃっかり頂いていたが、晴れて議員辞職することが正式に報じられた。

みんなの党の3区支部長に毛呂氏内定/神奈川

次期衆院選で3区(横浜市鶴見、神奈川区)から立候補するみんなの党の3区支部長に、同党逗子市議の毛呂武史氏(44)が就任することが10日、明らかになった。

 毛呂氏は現在3期目で、近く辞職する方向。国政への転身について「地方議員を10年務めているが分権が進んでこなかった。基礎自治体が主役になるための法改正に取り組みたい」と話している。

 同党の浅尾慶一郎政調会長(衆院比例南関東)の元秘書。2010年の逗子市議選では毛呂氏を含む同党候補者が1、2位を占めて当選を果たした。早大卒、京都市出身。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1204110004/



前市長(長島一由氏)が夫人(長島有里女史)を立候補させた際に、その煽りで落選した経緯をもつ毛呂たけし氏が、衆議院に立候補して果たして当選できるだろうか?
神奈川3区は、今のところみんなの党にフォローの風が吹いている選挙区だ。
しかし、その神奈川3区をグリップしているのは、江田けんじ幹事長だ。
神奈川4区の浅尾慶一郎政調会長とはそりが合わない場面が特に最近目立ってきているのが気になるところだ。


風頼みの選挙でしか当選できない毛呂たけし氏にとっては、橋下維新の会とみんなの党との関係が最も気になるところだろう。
今は、衆議院に当選して、その後は京都市長でもやってやろうか・・・などと取らぬ狸の皮算用をしているかもしれないが、解散のタイミングによっては泡沫候補になることも十分予想される


まさか衆院選に落選した暁に、逗子市議に戻ってくるなんてことはないよね??



毛呂武史の脳内
毛呂武史







にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



ストロンチウム平井の人気は全国レベル


ストロンチウム平井の人気は全国レベル



週に一度程度しか更新しない超ローカル交換日記なのに、更新しない日でも沢山のアクセスがあるようで驚いていたのですが、今日は特に多くのアクセスがあってかなりビックリしました。

何があったのかとおもったら、東京電力がまたストロンチウムを海に流出させたというニュースが流れたらしく、
ストロンチウム」というキーワードで、このサイトに全国からアクセスが寄せられたようです。



「東京電力は先月26日に汚染水が漏れた配管から、再び高濃度の放射性ストロンチウムを含む汚染水が漏れたと発表しました。海へ流出した可能性があるとしています。」
                                     ↓

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=BPtkkNmOtjE



[広告] VPS



逗子とは関係ない全国の人たちから、逗子市行政の惨状を目の当たりにして愕然としたというコメントが多く寄せられています。「ストロンチウム平井」は全国レベルでも最低だという認識が広まりつつあるんでしょうか。


そんな行政をチェックするはずの議会でも、春の議会人事を巡ってとても口外できない醜い争いが展開されているようです。
議長・副議長の座を巡る票の貸し借りは、久木エリアの議員を中心に派手に展開されているようです。
詳細が分かったらまた酒のネタになりそうですね。


副議長のポストを狙っている議員が、議長ポストの画を描いているのかな・・?




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


逗子市政 春の人事雑感





逗子市政 春の人事雑感


4月ですね。
人事の季節です。

公務員組織は予算と人事が全て。

逗子市内随一の規模を誇る逗子市役所。職員数428名を擁し、非常勤職員数は数百名。逗子市内唯一の大企業だ。平均年収も逗子市内では他の追随を許さない超高額給与体系だ。


予算は先の予算議会の通り、ストロンチウム平井のファミリービジネスに貴重な血税が注入されるという惨憺たる内容だった。

ストロンチウム平井のファミリービジネスの一つであるマチコハウスにも非常勤職員を2名も充当するなど、税金の私物化がとまらない逗子行政のお先は真っ暗だ。



さて人事はどうかな?

前市長時代、当時の平井市議の会派は、前市長が参事職の職員を任意(表向きは公募)で採用したことに強く反発していたね。

で、その平井が市長になったら、手のひらを返すように、自身の選対から小田鈴子女史を副市長とする人事を行ったのは記憶に新しい。因みに何の仕事もなく、選挙もない副市長のお給料は月額755000円ほど。ボーナスは年4ヶ月くらい。ストロンチウム平井ファミリーへの税金還流の象徴だね。

更に、情報発信・行政マネジメント担当参事として梅津敏郎氏を任用したのにはビックリした方も多いだろう。参事というのは部長職扱いだ。公人として批判の対象になる職責を負っている。

この部長級の給料(8級で退職金は3年で200万程度か?)での任用プロセスが極めて不透明で、さすがにいつもは爆睡している逗子市議会でも反発した議員も多かったようだ。
そりゃそうだよね。前市長がやった任用プロセスに批判的だったストロンチウム平井が、市長になったとたん同じ任用プロセスをするんだから。あきれて開いた口が塞がらない。


前市長時代の人事といえば、いつも注目されていた女性の人事異動ってのがありましたね。
懐かしいね~

この春はどうなったのかな?


    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・


経済観光課から納税課への異動か。

む~、あんまりおもしろくないね。



3期やると公言して立候補した、ストロンチウム平井市長も2期目。
最近入庁した若い職員は、こんな懐かしい色気のある人事の楽しみ方も知らないかもしれないね。
先輩職員に聞いてみたらどうだろう。

自分の金にしか興味がないストロンチウム平井市長の人事は、色気と面白みに欠けるという返事が返ってくるかもね。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



逗子に13.5メートルの津波がくる!?





逗子市沿岸に13.5メートルの津波がくる!?

2月7日のエントリ「逗子市沿岸に8メートルの津波がくる!?」で、県津波浸水想定検討部会(部会長・柴山知也早稲田大理工学術院教授)が逗子に到達すると予想される津波の高さを試算したという記事を紹介した。

前回の試算報告から2ヶ月も経っていないが、同じ県津波浸水想定検討部会(部会長・柴山知也早稲田大理工学術院教授)が、新たに逗子湾に襲来すると予想される津波の高さを試算した。そしたら何と、前回よりも5.5メートルも高い、13.5メートルの津波が逗子湾に襲来するとの報告がなされた。

これは県内で最も高い津波が予想されている鎌倉(14.4メートル)に次ぐ規模の試算結果である。


仮に、水位が13.5m単純に上昇すると逗子湾近くの海岸線は、こんな感じになるらしい・・・
逗子湾1350




以下、ベタ記事

横須賀や小田原は1分以内に津波到達、県沿岸部の予測図確定/神奈川

2012年3月28日

東日本大震災を受けて見直しが進められていた県内沿岸部の津波浸水予測図が27日、確定した。巨大津波をもたらすとして県が想定した3地震以外でも、横須賀、小田原市などで地震発生から1分以内に高い津波が到達するとの試算結果が新たに判明。東京湾、相模湾ともに浸水被害の危険性が高いことがあらためて浮き彫りになった。


 見直し作業を主導した県検討部会・部会長の柴山知也早稲田大理工学術院教授は「10メートルを超えるような最大級の津波が押し寄せる場所もあれば、地震後数分で5メートル程度の津波が襲来する場所もあり、地域によって備えるべき津波は異なる」と指摘。沿岸市町に対し「地域性を踏まえた避難計画の策定を」と呼び掛けた。

 最大級の津波をもたらすとした「慶長型」「明応東海型」「元禄関東連動型」をはじめ、東海地震や県西部地震などについても浸水範囲を予測。東京湾、相模湾沿岸部を計94地区に区分し、それぞれの最大波や到達時間を試算した。

 波高などは隣り合う地区によっても大きく異なっており、県内で最も高い14・5メートルが予想された鎌倉市由比ケ浜と周辺でも数メートルの開きがあった。慶長型や明応東海型の最大波が到達するのは早い場所でも地震の40分後以降とされたため、避難の時間が確保できる可能性は高いが、神縄・国府津―松田断層帯の地震では1分後に小田原市国府津に3・8メートルの津波が押し寄せ、関東地震は発生から0~1分で横須賀市馬堀や走水などに2メートル前後の津波が到達するとの結果が出た。


鎌倉に14m超津波…神奈川県が浸水予測図作成

沿岸部の津波対策の見直しを進めている神奈川県は8日、鎌倉市でこれまでの想定の2倍以上、高さ14・4メートルの津波に襲われる可能性などを想定した津波浸水予測図の素案を県のホームページで公表する。

 予測図は来年3月の完成を目指しており、県内の沿岸市町は、この素案を基に対策を検討していく。

 県の見直し作業は今年5月から、外部の有識者らで作る「津波浸水想定検討部会」(部会長=柴山知也早大教授)で始めた。

 東日本大震災で想定を上回る津波被害を受けたことを踏まえ、これまで想定してきた地震に加え、歴史上、文献や記録に残っているものの、地震や津波の全体像が十分に解明されていない明応地震(1498年)や、慶長地震(1605年)なども含めて想定した。



神奈川県 津波の浸水沿岸別に予測
3月28日 0時39分

東日本大震災を受けて神奈川県は、12の異なる地震を想定して、津波による浸水が予想される地域を沿岸の地区別に予測し、予想される津波の高さや到達時刻も合わせて公表しました。
神奈川県は、東日本大震災を教訓に、津波や地震の専門家を集めた検討会を設け、過去に起きた地震や津波を基に浸水の予測図をまとめています。
今回はさらに震源や規模によって12の異なる地震を想定し、神奈川県沿岸を94の地区に分けて、それぞれの地震ごとに予測される最大の津波の高さや到達時刻などを公表しました。
このうち予想される最も大きな津波としては、400年前の江戸時代に起きた慶長地震と同じタイプの地震が起きた場合、鎌倉市の由比ヶ浜に地震発生から1時間20分後に高さ14.5メートルの津波が到達するとしています。
また、藤沢市の海岸には、地震発生から1時間12分後に10.7メートルの津波が、横浜駅近くの沿岸には地震発生から1時間44分後に4.1メートルの津波が到達するとしています。
地震によっては、津波はこれより小さいものの、発生から3分以内に到達が予想されるケースもあります。
検討会の部会長を務めた早稲田大学の柴山知也教授は「それぞれの沿岸の市や町が、最大でどんな高さの津波が何分後に来るのかをイメージして、どのように逃げればいいのか避難対策作りに役立ててほしい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120328/k10014012961000.html  




最近また地震が多い気がするよね。気のせいか??


相手は自然災害だ。
たかが行政、それも極めて悪質でレベルの低い逗子行政にできることは限られている.
場合によっては、何もしないことが最善の手だったりするかも知れない。
それほど腐敗しているのが逗子行政だ。

とはいえ、限られた予算を有効に災害対策に講じてもらいたいというのは一般市民の共通の願いだろう。


しかし現実の予算議会は、先のエントリ「【逗子市予算】 逗子市議会不要論」で紹介されているように惨憺たるものだ。

市民から巻き上げた貴重な税金は、市民の安全よりも、市長の取り巻き連中にだけ還元されるという、北朝鮮のような独裁首長モデルが逗子市では確立している。多くの議員もそのシステムに組み込まれて甘い汁を吸っている始末だ。


先の予算議会のドロドロした内情が次第に明らかになってきているようなので、次期議長選挙に向けて、行政と議会とのズブズブの事実関係を世間にぶちまけてもらいたいという依頼が多すぎて困っています。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

【逗子市予算】 逗子市議会不要論





【逗子市予算】 逗子市議会不要論


先のエントリ「税金で私腹を肥やすストロンチウム平井ファミリー」でも触れられていたが、ストロンチウム平井行政の2期目の最初の予算は、まさにやりたい放題だ。

取り巻き団体への露骨な予算付け、賛成議員の選挙対策のためのお土産予算などで膨れ上がった醜い地方自治体の癒着予算の見本のような予算提案だ。

ぶくぶくに膨れ上がった過去最大の予算編成を提案する側のストロンチウム平井市長は、あくまでも提案側なので好きな予算を議会に提案するのは彼の自由といえば自由だ。


その非常識極まりない癒着予算をしっかり審理してどれだけ削減できるか!というのが議会の最も大切な仕事だ。議員の仕事の本分は行政のチェックであるが、その最も具体的なチェック内容は、予算のチェックだ。
この仕事をすることなく、議員報酬を頂戴している議員は、正真正銘の税金泥棒だ。この仕事を放棄している現状の逗子市議会は、まさに議会不要論の最前線を地で行っている。



で、平成24年の予算議会の幕が開いた。

結果的にこのズブズブの予算に反対した議員は、以下の5名だけという惨状が爆睡している逗子市議会の実態である。


以下、予算に反対したたった5名の議員

毛呂 武史 (みんなの逗子)
高谷 清彦 (みんなの逗子)
原口 洋子 (神奈川ネット)
岩室 年治 (共産党)
加藤 秀子 (無会派)


情報アドバイザー事業、CMS事業、労政事業(組合へのばら撒き)、マチコハウスなど小学生が見ても明らかにおかしい事業に常識はずれの法外な予算が提案されている。
こんなふざけた予算提案に何ら修正を加えることもなく、市長と選挙取引、議長選に絡む票の貸し借りにより、そのまま賛成した議員が上記5名以外の議員である。

後ろめたい選挙取引や、票の貸し借りなしで、このズブズブ癒着予算に賛成したとしたら単なる無能だし、
後ろめたい選挙取引や、票の貸し借りなどによりズブズブ癒着予算に賛成したとしたら議員失格だ。

いずれにしても今の議員による逗子市議会は不要であることは明確になった。


ストロンチウム平井が提案したズブズブ癒着予算に何ら修正を加えることもなくそのまま賛成した議員が、今後、行政について批判的なスタンスで語ることは有権者に対する背信行為であることを市民はしっかり記憶しておくべきだろう。



と こ ろ で ・・・

あれ?
みんなの党で一人だけ、癒着予算に大賛成の議員がいるような気がしますね?
もう、皆さんもお気づきのとおりですね。いつ除名になるのかな・・・



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



税金で私腹を肥やすストロンチウム平井ファミリー





税金で私腹を肥やすストロンチウム平井ファミリー

前回のエントリ「【速報】逗子市議会予算委員会審議ストップ!」の続報

平成24年度の逗子市議会第1回定例会の3/7の予算委員会教育民生部会での審議中に、行政側が提案してきた新規事業である協同提案事業4つのうち2つの事業が要綱で求められている添付書類(収支決算書、年度予算書)もなく名簿のみで事業化されたことが発覚してしまった!

手続きの瑕疵があったことを、事業化した福祉部長本人が認めたために紛糾し、審議ストップ!

議会で行政側のミスをこの福祉部長が認めたのは2011/09/29のエントリ「逗子市職員による業務上横領」で報じられたように、ストロンチウム平井政権の女帝小田鈴子副市長が牛耳る社会福祉協議会への違法な公金支出問題(8000万円にのぼる不適切が公金支出)で謝罪したのに続く出来事だ。

このときもストロンチウム平井の取り巻きファミリーへの違法な公金支出が問題となった。


福祉部長が、行政側の瑕疵を認めるって、その昔、総合的病院誘致問題のときに長島市長を支えた(?)当時の福祉部長が、公的に逗子市側の瑕疵を認めて市長と対立して退職した事件を思い出しますね。


おっと話がそれたが、
今回もまた行政側の瑕疵が発覚し、市長が事業を3つ取り下げ表面上は舌を出しながら謝罪することで居眠り議会は市長側と合意した模様。

行政の現場の問題としては、市民協同課が協同提案事業の窓口だが、ただ書類を受け取り取り書類審査もせずに企画課へあげてしまいその後、市長ヒアリングをしたのちにストロンチウム平井が8つの事業から4つを決定。
この事業はストロンチウム平井の目玉事業で、事業化されたものは全てストロンチウム平井のお友達取り巻きファミリーが提案してきたもの

事業は委託事業で市役所横の空き地に建物(所謂マチコハウス)立ててやったりといたれりつくせり。
エコだ!環境だ!平和だ!人権だ!と声高に叫ぶ団体が胡散臭いのはどこも同じだが、特に今のストロンチウム平井のファミリービジネスは酷すぎる。

事業団体の名簿をざっと見るだけで4つのうち3つ事業の中に、同じ名前が確認できる。
癒着もここまで堂々とされると、納税者は手も足も出ない。

はっぱの広場やあそび発信基地など、いかにも子育てや環境に配慮した事業の名称を冠するのもどうなんでしょうねぇ・・・(PTAの協同提案事業制度などについては詳細調査中)
市民から巻き上げた税金をストロンチウム平井の取り巻きファミリーだけに還流する北朝鮮スタイルは着々と構築されているようです。

議会は爆睡して満足に機能していないので改善は絶望的か!?


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



【速報】逗子市議会予算委員会審議ストップ!






逗子市議会予算委員会審議ストップ!
ストロンチウム平井の謝罪に発展するか!?



2月後半、かなり寒かったので、南の島に行ってました。

帰国してストロンチウム平井市長の予算提案をつらつら眺めていたら、なんともヒドイお手盛り予算!

ざっと提案された予算を見る限り、緊縮財政ではなく、ストロンチウム平井の身内にファミリー予算をつけ、その財源は既存事業を圧縮。

完全身内の副市長に、情報アドバイザー、まちこハウス、HP改善事業と取り巻きを配置して独裁王国の構築に余念がありませんね。
市長を3期務めた後の天下り先の整備に本格的に着手している様子が手に取るように感じられます。

市民から搾取して、周辺は豪勢な暮らしぶりっていうスタイルは、まさに北の将軍様そのものですね。



・・・と、予算の審議をヲチしていたら、

えっ、予算審議ストップ!?との情報が飛び込んできました?


流石に、身内にバラマキ予算を根拠もなくつけすぎたので、ストロンチウム平井市長は謝罪するしか打開の道はないでしょう!

謝罪するのか? するのか? ストロンチウム平井!

ストロンチウム平井市長の謝罪に対して、居眠り議会がどう対応するかが今後の焦点。


(つづく)





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


逗子市議会に借りてきた猫がいる?





逗子市議会に借りてきた猫がいる?


いよいよ予算議会が本格的に始まった逗子市議会。

各会派の代表質問が粛々と続く。そんなに面白いものじゃない。
はっきりいって、すごくツマラナイ。
そりゃそーだよね。1から10までやらせでガチガチの逗子市議会だから。

それにしても、いつもの議会と何か違うな・・・
気付いた人もいるよね?


そう、今回の逗子市議会。いつもの底辺校の学級崩壊のクラスのようなヤジがない

いつもは、市長与党の無所属の会から、聞くに堪えないヤジ罵声が飛び交っている逗子市議なのだが、今期始まって以来、はじめてヤジが飛ばなかった。

どうしちゃったのかな? 借りてきた猫状態なのか?



ひょっとして・・・・
1万PVオーバーの超有名サイト「葉山町インサイダー」でも取り上げられた
名誉毀損で告発されるのか!?という情報が影響しているのかな?


じわじわ効いてる、効いてる・・・という市民からのコメントが後を絶たないようです




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク
★*****★
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。