逗子市井TOP  ≫ 書評

書評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共産党という名の貧困ビジネス

世界的に見ても日本はブログ開設者が多いというのは周知の事実だが、
一般的に量が多くなるとレベルが下がるのは否めない。

専門分野に関しては、日本のブログ情報は殆ど参考になるものはないので、専ら海外のサイトの情報を参考にしているのが現状だ。

ただ日本固有の問題については、日本のサイトを参照せざるを得ない。

この城繁幸さんの文章もなかなか面白いので、たまに読ませてもらっている。

今回の記事はズバリ「共産党という名の貧困ビジネス
ストレートだねw

以前、池田信夫氏が、確かニーチェの話題に関連して、キリスト教を貧困ビジネスと称したことがあったかと記憶しているが、日本では今回の「共産党という名の貧困ビジネス」の方が分かりやすいだろう。

研究開発税制等の優遇税制を反映させると、「
日本は企業を甘やかしている」どころか、さらにアジア諸国との税率は拡大する。日本の法 人税はやはり、世界最高水準であり、最低10%は引き下げるべきだ。

面白いのは赤旗のロジックで、「税金の低い国で事業活動しているから総所得に対する実効税率は抑制されている」(だから、下げる必要 はない)と書いているが、逆だ。「日本の税率が高いから、低い国に必要以上に事業が移転している」と言うべきだ。

ばっさり過ぎて面白すぐるw

一方、日本共産党を信じて付いて行った弱者の手には、
何が残されただろうか。

「大企業は内部留保があるから、全員正規雇用が可能なんですよ。だから派遣は規制しましょうね」こう言う主張を信じて、雨の中デモま でやった人達は、何かを手にしたのだろうか。ありもしないモノがあるのだと言われ、言いように連れ回されたあげく、むしろ問題解決
からは遠ざかっただけではないのか。

共産党は、問題を解決しようとは思っていないよね
単に自己主張しているだけ

貧困ビジネス度を「弱者の手元に残される便益の少なさ」
で測るなら。現在の日本共産党は、日本一の貧困ビジネスである。

日本一だってよ!

逗子でも、共産党は会派控え室を市民相談室として使ってるよね?
税金で貧困ビジネスを展開するのは勘弁してね

職場ルポ 成果主義を追って (文献パンフ)職場ルポ 成果主義を追って (文献パンフ)
(2006/10)
「しんぶん赤旗」職場取材チーム

商品詳細を見る





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トンデモ本? 案外マトモ?

「裏切りの民主党」
裏切りの民主党裏切りの民主党
(2010/04/22)
若林 亜紀

商品詳細を見る


民主党政権で唯一評価してもよいと思っていた事業仕分け

財務省主導でヤラセの出来レースとは承知していたが、ここまでとは・・・

トンデモ本なのか、そうでないのか、まだ評価できない、積読中・・・




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
★*****★
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。