逗子市井TOP  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

アウトソーシング

週末は天気が悪くて、また船が出せなかったね。

話題がふられているような気もするので、議員の仕事のアウトソース料金を検討してみたい。

議員の第1の仕事は何と言っても行政監視。

最近の分かりやすい例でいえば、事業仕分けなんかも本当は議会の仕事。

お隣の鎌倉市がNPO法人の構想日本に事業仕分けの見積もりをとったところ
150万円程度だったという噂。

鎌倉より規模の小さな逗子だったらもう少し安くできるのかな?

この価格で、本格的な議会監視ができるんだったら、議員報酬の総額は、これ以下でいいんでないかい?

試しに、議員報酬から少しずつ持ち出して、構想日本に事業仕分けを依頼してみたら?

いかに議員報酬が、本質的な議員の仕事に見合っていないかがよく分かると思うよ。


・・・・ってのはどうかね





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
| 2010年05月31日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

議員数とコスト

タイミングよく、みんなの党が議員数削減を求めていた!

議員数を減らすのがよいか、議員報酬を減らすのがよいか

ホントは、両方だけどね




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
| 2010年05月29日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

行政コストの需給相場

二元代表制下での妥当コストについて書こうと思う。

逗子市に限っては、議員数削減よりも議員報酬削減の方がよさげ。

実作業のアウトソーシングについては、昨日サボったなべちゃんにお願いしようかな。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
| 2010年05月28日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

まちがえました、ごめんなさい

引き続き、県議会ネタをば

昨日のエントリでは、神奈川県議会の議長・副議長の豪遊訴訟がネタになっていた

これは、住民監査請求を経て、訴訟にまで発展したものだ

その過程で、行政側・議会側(まとめて公僕たち!)は、不適切な対応を認めて
改める機会は幾度となくあったろう

ただ、この公僕どのも行動ルールには、公僕が間違えるということを前提としたルールになっていない。
したがって、不適切な対応をしてしまったとしても、それを是正するスキームがないのが大きな問題だ

公僕に誤りを認めさせるためには、最終的には行政訴訟をするしか手がない

これは納税者にとっては、非常に効率の悪いシステムである

限られた財源を最適に分配するのに、それを争うのに更に税金がつぎ込まれるからだ

ローカルオプティマイゼーションに拘泥して、トータルオプティマイゼーションが満たされない
「合成の誤謬」の典型例だ

もっと気軽に、間違いや不適切な判断を指摘されたら、気軽に
まちがえました、ゴメンナサイ
不適切でした、訂正します
といえるシステムにしなければ、ず~っとこの不合理な税金浪費システムがつづく

何とかならんのか?

議員側に条例を作るだけの能力があれば解決する

ただ国会議員レベルでも法律起案ができる能力を備えた人材は数える程度しかいないのに
県議会議員などの地方議員にそれを望むのは酷なのか・・・・

ましてや市議会議員のレベルに至っては・・・(以下自重)

がんばれ地方議員!


追記:
選挙のときに名前と併せてIQ(知能指数)も明記してもらいたい
同様に行政サイドも、名札に名前と併せてIQを明記してもらいたい

そうすれば、当初の無駄なエネルギーがいくぶん節約できるかな?





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
| 2010年05月26日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

神奈川県議会に裁きが下るか?

リレースタイルの記事の書き方はやりやすいかも

マネマネまねっ子ピーナッツ! (知ってる? 幼稚園ではやってるらしい)

昨日までのエントリ記事を見ると、(ある意味では)県議会議員ってのも大変なんだね

そ~までしてやりたい職業なのか? 儲かるのか?(キラリ☆)

ちょっと調べてみると・・・・

地方議員では歳費のことを「議員報酬」っていうんだね。
で、神奈川県議会議員の議員報酬は?というと・・・

議員報酬、2010年度は5%削減の方針/神奈川県議会
2010年1月13日

 深刻な県の財源不足などを受け、県議会は12日、2010年度の1年間、議員報酬を5%削減する方針を明らかにした。一部会派を除いて各会派は合意しているといい、2月開会の第1回定例会で、県当局からの条例改正案として提案される見通し。県議会の議員報酬の削減は初めて。

 議員1人当たりの報酬月額は97万円から92万1500円(4万8500円減)となり、全議員合わせた年間削減額は5840万円。また、09年度からは期末手当を10%カットし、海外調査も凍結しているが、これらを含めると年間で約1億3300万円の削減効果になるという。

 正副議長の交際費も、800万円から500万円に減額する方針。国吉一夫議長は「県の財政状況の未曾有の厳しさを踏まえ、また不況で苦労している県民と痛みを分かち合うために決めた」と話した。一方、報酬削減の方針に対し、市民の党は「民間の水準を反映させるならば、(削減率を)上乗せするべき」などとして議論の必要性を議長に申し入れた。

 議員定数(107)削減については、国吉議長は「(11年春の)統一地方選までには決めなくてはいけない問題。現行のままか、削減か。遅くとも来年の第1回定例会には決めなくてはならない」と話した。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1001130001/
カナロコ 2010年1月13日


めっさ、もろうとるやん!

そりゃぁ、権謀術数を駆使してでもやりたい職業だね

国会議員ほどの重責もなく、コストパフォーマンス的には最高w

議長や副議長などという役職がついた日には、お手盛り手当てなんか笑いが止まらん

そんな議長・副議長に鉄槌が下るか!?

明日5/26(水) 横浜地方裁判所502法廷で
県議会議長・副議長海外ツアー住民訴訟」と
県議会議長・副議長海外ツアー日程表情報公開訴訟」の弁論があるんだってね

興味津々、乞うご期待


ちなみに、逗子市議会では同じような話題はないのかいな?




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
| 2010年05月25日 | 神奈川全般 | comment(0) | 編集 |

2度タイミングを逃した男

昨日のエントリ記事を読んで、
一人区での県議会議員というのもなかなか大変だと思った。

確かに彼は、浅尾氏が当時民主党神奈川県連の代表を務めていたときに民主党の推薦をもらって県議に当選した。

世の中のトレンドは、自民党に嫌気がさしていた頃であり、時流に乗った選択だったと思う。

しかし、大石尚子議員が3度にわたって席を譲らなかったのと、その後、民主党に長島氏がつけ込んだ結果、民主党神奈川県連と民主党本部との調整がうまくいかず、浅尾氏は民主党を除籍となり「みんなの党」へ移籍した。

このタイミングは、先の衆議院選挙直前のことであり、トレンドは完全に民主党へ風が吹いていたときであった。そのまま参議院に残っていれば、浅尾氏は防衛大臣は確実と目されていた。

目の前の大臣のイスが確実な状況で、与党確実と見られていた民主党から離脱したのは、かなりハイリスクな選択であった。

このタイミングで、近藤県議にも民主党からみんなの党への移籍の話があった。
このタイミングで近藤県議がみんなの党へ移籍していたら、リスクテイクに対して最高のリターンをもたらしたであろう。
しかし、彼はこのハイリスクな選択をとることはなかった。世の中の民主党支持の追い風を肌で感じていた彼に、そんな選択は考えられなかった。

このハイリスクの選択をしたのは、先の市議選でともに2000票以上の得票があった高谷清彦市議と、毛呂武史市議であった。
高谷氏は、1期目の市議を勤めていた浅尾氏の元秘書という立場上、浅尾氏の移籍に伴ってみんなの党へ移籍するのは自然な流れであったが、当時の民主党への風を考えれば、民主党に残っていたかったという思いはあっただろう。
本当の意味で、リスクテイクをしたのは毛呂市議だろう。長島一由氏が神奈川4区の民主党代表となれば、毛呂市議がその長島民主党体制の中に残るのは針のむしろの上に座り続けるのに等しい。

近藤県議の夢モノローグにもあった「複雑なめぐり合わせ」について、彼のモノローグでは半分しか語られていない。

キーパーソンは長島氏だけでなく毛呂議員も重要なカギとなる。

長島氏が市長時代に、妻の有里氏を市議に擁立したことにより、その余波で毛呂氏は落選の憂き目を見ている。また毛呂氏は、もともと県議志望であったことも「複雑なめぐり合わせ」の原因になっている。

このような状況で、毛呂議員は、長島民主党に残るという選択肢よりも、浅尾氏についてみんなの党に移籍するというリスクをとった。

この毛呂氏のリスクテイク行動によって、一番大きな影響を受けたのが近藤県議である。
来年の統一地方選挙で毛呂氏が県議に立候補する可能性がある以上、今となって同じ選挙区で浅尾氏率いるみんなの党への移籍は難しい。

支持率低下が止まらない民主党というレッテルと、地元では必ずしも評判が芳しくない長島氏率いる民主党というイメージもマイナス要因である。


浅尾氏の移籍のタイミングでハイリスクな選択ができなかった近藤県議の前に、突然ふってわいたのが先日の民主党・かながわクラブ県議会議員団からの3名の離脱→みんなの党への移籍事件だ。

近藤県議がこの事件を事前に察知していれば、またはその輪に入っていれば、トレンドに敏感な彼のこと、いち早くみんなの党に移籍していた可能性は十二分にある。
5/13の記事でもその思いが強くにじみ出ている。長島民主党と距離をおいて、中身は浅尾派であることを「仲間」という表現で強く現している。

しかし、離脱した3名の議員たちは、近藤県議に「今のところ他党との接触は無い」と話していた時点で、みんなの党へ移籍することは決まっていた。
近藤県議が、2度目の移籍のタイミングを逃した瞬間である。

一度目は、民主党への追い風でリスクテイクできず、2度目は離脱した仲間に誘ってもらえなかったことが原因だ。

先の逗子市議選でみんなの党に仁義をきることなく、民主党の応援団として全面に出て活躍しすぎたのも遠因の一つだろう。民主党に風が吹き続けていると錯覚したのだろう。そして、応援団として結果を出し切れず、みんなの党に惨敗したことも結果として、みんなの党への移籍を遠ざけてしまった。先の市議選での態度表明は、決定的なものとなった。


最近、近藤県議と浅尾代議士が同席するような場には、必ず浅尾代議士の横に毛呂議員が寄り添っている。浅尾代議士と近藤県議が接触するのを毛呂代議士が阻んでいるように見えるのは気のせいだろうか?

それとも夢を見ているのだろうか・・・・


強引な夢オチへの誘導も失敗に終わったか

ちゃんちゃん



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
| 2010年05月24日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

県議会議員の正夢?

今日は予想以上の大雨で出航中止

日曜日もエントリアップしていいのか?

2010-05-20になべちゃんが、2010-05-21にきっちゃんが
民主党・かながわクラブ県議会議員団のエントリをアップしている。

逗子・葉山地域も影響大だ。
ご存知の通り、逗子・葉山地域の県議会議員選挙は一人区。

現在は、K県議が務めている。
K県議は公認ではなく推薦とはいえ民主党・かながわクラブ県議会議員団の一員だ。

彼が民主党の推薦を貰った経緯は、自他共に認めている通り、当時民主党の参議院議員だった浅尾氏(現みんなの党の衆議院議員)によるところが大きい。

そんなK県議のことを想っていたら、ぼんやり夢を見てしまったようだ・・・
以下、夢形式引用
13日、田中(金沢区)岩本(茅ヶ崎市)塩坂(港南区)の3人の民主党県議から離団届けが提出されたため、本日急遽団会議が召集された。
離団の理 由は、鳩山首相と小沢幹事長に出した「申し入れ書」をめぐり、民主県議団に迷惑をかけるからとの事である。
なんと言うべきか、みずくさい、
 どうして俺も誘ってくれなかったのか!!
政治と金、普天間の迷走などと国政を憂う声は、より住民と近い我々地方議員のほうが知っている。今 回3人の出した「申し入れ」は、我々地方議員の心の叫びとも言える。
民主党の看板を背負っている限り、今度の選挙は泥舟だ!
内容に賛同 出来ないものもあるが、地方から国政に物言うのは大いに賛同する。
今からでも遅くない、俺も誘ってくれ~
13日の団会議では、離団の理由にはならないとし、離団届を受理はしなかった。
(お、まだ俺が紛 れ込むチャンスはあるのか!?)
しかし俺にはわかる、その後彼らは離団・離党するであろう、その覚悟が出来ている。
そのときは、俺も誘って くれよ~

俺が政党推薦を得るにいたったのは、現「みんなの党」政調会長である浅尾慶一郎衆議員議員が大いに関係している。
(と、いまさらながら過去の関係を強調してみるテスト)
10年以上俺のいる4区で共に活動をつづけてきた仲間であり、当時民主党神奈川県連の代表を務めていたのが浅尾衆議員議員であっ た。
彼の説得でなければ、俺は政党推薦をもらわなかったかもしれない。
(もう一押し必要か!?)
複雑なめぐり合わせはまだある、 近藤の所属する現民主党神奈川4区支部長である長島衆議員議員とは03年に逗子市長選挙で共に候補者として戦った事がある。
(ちょっと言い過ぎ か?でも、民主党と距離をとっている姿勢をアピールしないとなぁ)
それぞれ様々な思いがあるが、住民福祉が滞る事がないよう活動したい。
参 議院選挙が近づき、政党の政策がそろい始める。
(いつ、みんなの党に鞍替えしようか悩みは 尽きない...)

5/18、民主党かながわクラブ県議団を離団した3県議が、新会派を結成した。
名称は「子ども達の瞳輝く神奈川県 議会議員団」
あ~あ、結局誘ってもらえなかったか・・・残念
俺の心配をよそに3人の顔はなんとも晴々としている。
迷走をする民主 党を離党した為なのであろう。
今のところ他党との接触は無いとの事だが、彼らの動きは皆が注目している。
(でも、本当は接触していたんだ よね・・・俺に嘘つきやがって!)
夢形式引用おわり
と、ここで夢から覚めた
偶然にも5/135/19に似たような記事がK県議のブログにエントリされていたようだ。
偶然か、正夢か?
デジャヴとはこういうことをいうのか

がんばれ近藤大輔!

と、こんな冗談を書いても笑って済まされる平和な時代が日本にもあったとさ




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
| 2010年05月23日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

第14回池子フレンドシップデー

土日はエントリお休み?
勝手にアップしていいですか?

NGだったら削除してね!

今日はお友達ご家族に誘われて、池子はフレンドシップデーに!
Image957[1]
久しぶりのUSカルチャーに触れて楽しんできた。

円高局面であるにもかかわらず、今回もレートは1$=100JPYだった。
Image960.jpg
仕入れ時のレートを勘案してるのか?面倒だからか?ボッタクリなのか?
IMG_5289[1]
USビーフは口蹄疫も何のその
IMG_5290[1]

ジャーマンシェパード迫力ありすぎ!!
IMG_5249[1]

US.NAVYの消防車。「IKEGO-2」って!
IMG_5276[1]

故意的にあるフレームだけ切り取れば、進駐軍統治下であることは間違いないね。
IMG_5296[1]

ところで明日はship出すの? >all

雨のようだけど
連絡よろしく~



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
| 2010年05月22日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

民主離党の3県議が「みんなの党」入党へ

今日は一日、しとしと雨だったね。
Image953-L.jpg
八重洲南口のパシフィックセンチュリープレイスも雲の中

ちょっと前まではPCCWだったね。
上海の不動産屋の道楽息子はどこへいったのかな?
そういえば、その頃の最上階は、今となっては懐かしいヒューザーが入っていたね。
耐震偽装問題なんて、国土交通省が右往左往して、民間に負担をかける手続きを増やしただけで
今となってはマスコミも一切追跡報道さえしない。

バブリーなビルになる前は、確か国労会館だった記憶がある。
薄暗いトイレが印象的だったね。
20年以上も昔のことで、記憶が薄れてきている。


昨夜、なべちゃんがアップしたエントリ
自治体監査を厳格化」で

民主離団の3県議が新会派結成
「先週から、こんな身内のゴタゴタで、それどころではなかったようだ」
と神奈川県議会の民主党のお家騒動に触れたところ

今朝になって、その3県議がみんなの党に入党する見通しであることが報道された。
民主離党の3県議が「みんなの党」入党へ/神奈川
2010年5月20日

 民主党離党を表明し県議会で新会派を結成した岩本一夫氏(茅ケ崎市)ら県議3人は19日夜、横浜市内で「みんなの党」の渡辺喜美代表と会談し、同党への入党要請を受けた。3氏とも前向きな姿勢を示しており、入党すれば県議会に「みんなの党」の会派が事実上誕生することになる。

 要請を受けたのは、11日に鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長に「政治とカネ」の問題で説明責任を果たすよう求める申し入れ書を民主党本部に提出した岩本氏、田中肇氏(横浜市金沢区)、塩坂源一郎氏(同市港南区)。

 渡辺代表は会談後、記者団に「皆さんの勇気に感激し、来ていただきたいと申し上げた」と説明。入党要請に対し、3氏は「代表からお言葉をいただいたことを重く受け取めている。前向きに検討しなければ失礼になる」(岩本氏)などと述べた。それぞれ後援会に相談し正式に回答する予定。入党後の会派名変更などについての考えは明らかにしなかった。渡辺氏は「県議会にみんなの党の足掛かりができるとすれば、すごいことになる。大変望ましいこと」と入党に期待。また「われわれとアジェンダ(政策課題)が一致する人は大いに参加してもらいたい。どんどんお声掛けをしていく」とし、県議会をはじめ地方議会レベルでの党勢拡大に意欲を見せた。

 会談には、浅尾慶一郎政調会長(衆院比例南関東)も同席した。

 岩本氏らは「政治とカネ」の問題で説明を求める申し入れ書を民主党本部に提出し、「期日までに回答がなかった」として、同党からの離党と離団を表明していた。

 みんなの党は、今夏の参院選神奈川選挙区(改選数3)には新人の中西健治氏を擁立している。
 
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005200007/

PDFはここ

読売も同様に報じている。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100520-OYT1T00063.htm
PDFはここ

で、今日も再度、民主党・かながわクラブ県議会議員団のwebサイトをチェックしてみる。
今日もまだ、団長はまだ田中氏のようだw
http://dpj-kanagawa.org/

民主党も地方から崩壊<ロマンチック>が止まらない

あんれま




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
| 2010年05月21日 | 神奈川全般 | comment(0) | 編集 |

自治体監査を厳格化

みんな日記ブログになってるな
特におぎちゃんに至っては、単なるお出かけ記録じゃないか

4番の見本を見せつけないとな

といっても今日は、特にトピックスもない一日だった・・・

今週気になったのは5/17の日経一面の記事
普段は、日本の紙の新聞は読まない
特に日経の一面は提灯記事が多いので逆説的に受け取ることが多い
が、この日の一面は経済記事ではなく政治/行政記事だった
日経100517一面 自治体監査を厳格化70
日経100517三面 今日のことば
(PDFファイルは、こちら

全国記事なのに千葉と神奈川のお粗末な具体例が特記されている
神奈川県の28億円不正経理は、千葉の37億に負けているとはいえ、莫大な金額だ

県議会議員から多くの反応があるかとおもったら...
今日までの時点で、webなどでコメントしていると思われるのは
港北区の行田氏(公明党)くらいのようだ
http://gyota.seesaa.net/article/150232404.html
公明党・共産党はお家騒動とは無縁だからね

で、みんなスルーなの??
と、思って少し調べたら・・・

「民主離団の3県議が新会派結成」
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005190041/
(PDFファイルは、こちら
先週から、こんな身内のゴタゴタで、それどころではなかったようだ
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100512-OYT1T00361.htm
(PDFファイルは、こちら

つまり、行政監視という本業よりも選挙の方が本職であるということが改めて確認された
神奈川県議という優遇公務員にも困ったものだ

p.s.
民主党・かながわクラブ県議会議員団のwebサイトでは
団長はまだ田中氏のようだw
http://dpj-kanagawa.org/
(PDFファイルは、こちら


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
| 2010年05月20日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。