逗子市井TOP  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

逗子市議会 変節の横山2代目襲名





逗子市議会「変節の横山」2代目襲名披露

もう一度、先のエントリ「逗子市議会 続・ストロンチウム横領事件?」で紹介した、
横領でお馴染みの被告君島議員に対する懲罰賛成(○)反対(×)の表を見てみましょう。
懲罰11

よーく見てみると、みんなの党の対応が分かれてしまっていますね。

この懲罰要求は、加藤議員(無会派)みんなの党の高谷議員が、市内の公共施設の放射線量の測定を行ったことを泥棒呼ばわりした横領でお馴染みの被告君島議員に対する懲罰要求ですよね。

もちろんみんなの党としては、同じ政党人を泥棒呼ばわりした議員に対する懲罰要求には賛成するはずなんですよ、本来は。
逗子のみんなの党の代表の毛呂議員は、当然君島議員に対する懲罰要求に賛成してますね。


と・こ・ろ・が・・・・


もう一人のみんなの党の「横山美奈」議員は、横領でお馴染みの被告君島議員に対する懲罰要求に反対って!?

会派「みんなの逗子」から脱退し、市長選ではストロンチウム平井サイドに寝返って、一方では「みんなの党」のビラを撒いているという変節ぶりには、隣町の初代変節のY女史も舌を巻くんじゃないでしょうか。

最近、隣町の初代変節のY女史は、「お局」という称号に出世されたそうなので、逗子の変節の横山美奈議員が、2代目「変節の横山」を襲名させて頂くのはどうでしょうか。

「キャバ嬢より儲かるの?市議会議員へ華麗なる転身?」
「スナック円(まどか)のチーママは、みんなの党から除名されるの?」
なんていう軽口をたたく市民が多くて大変ですね、横山議員も。ホント同情します。


みんなの党の規定がどうなっているのか詳しくは知りませんが、新聞報道によると会派名に「みんな」って入れないといけないとか何とか・・・以下一部引用

『「みんな」名乗らぬ会派は党規定違反 伊丹市議を除名』

所属する市議会の会派名に「みんな」の文言が入っていないなどとして、今春の統一地方選でみんなの党公認で当選した兵庫県伊丹市議が24日付で同党から除名された。
同党では地方議会で会派を組む際、会派名に「みんなの党」または「みんな」の文言を入れる規定があり、小西氏の所属会派はこれに反する、と党支部が問題視した。
(2011年5月26日 朝日新聞 一部引用)
http://www.asahi.com/politics/update/0525/OSK201105250126.html


これの記事の指摘事項がホントだとすると、円(まどか)って会派を勝手に作って別の会派の議員と組んでいるのってマズいってことですよね。

みんなの党も政党交付金を受け取って運営されてますよね?
税金が投入されているんですよね、みんなの党の政治活動に。

自らが掲げた規定は守ってもらわないと、納税者に説明がつかないんじゃないかと。
もちろん党から除名されるんですよね?

それとも神奈川4区の特殊事情なのでしょうか?
神奈川4区の支部長って、浅尾慶一郎衆議院議員ですよね。
一度、確認された方がよいんじゃないでしょうか。

税金の透明な使い方が、納税者への最高のクリスマスプレゼントかと・・・以下自重


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
| 2011年12月25日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

逗子市議会 続・ストロンチウム横領事件?






逗子市議会 続・ストロンチウム横領事件?

横領でお馴染みの被告君島議員の泥棒呼ばわり発言に端を発した懲罰騒動



急遽,懲罰委員会が組成されました。懲罰委員会の委員長は、長老奈須議員。
同僚議員を泥棒呼ばわりして懲罰要求の対象になった被告君島雄一郎議員は、自らの弁明をまったくせず、カウンターとして要求した加藤議員(無会派)高谷議員(みんなの党)に対する処分を要求する趣旨説明もまったく行いませんでした。
そりゃそうですよね、一方的に妄想で他人を泥棒呼ばわりしてるんだから、弁明できる立場にないですよね。


これに対して、泥棒呼ばわりされた放言について「議長に発言の精査を求めた」ことが侮辱?らしいということで議長が受領してしまった君島議員からのカウンター懲罰要求に関しては、本会議場で加藤議員(無会派)高谷議員(みんなの党)が趣旨説明を実施しました。


本来の地方自治法に則った判断をするのであれば、同僚議員を妄想で泥棒呼ばわりした横領でお馴染みの被告君島議員に対して全会一致で懲罰を課し、市民のために放射線量測定を実施した議員についての懲罰要求は受理されないのが常識でしょう。

その常識が全く通用しないのが、ザ・逗子市議会なんですね。
議長が混乱に拍車をかける議会ってどうなんですかね。


横領でお馴染みの被告君島議員に対する懲罰賛成(○)反対(×)は以下の通り:
懲罰11


加藤議員高谷議員が発言の精査を求めたことを侮辱として、懲罰課すべきという意味不明の要求を議長が受理したことで、なぜか表決がなされました。
無所属の会のブラックリスト松本寛評判が悪すぎる菊池俊一議員の2名が懲罰を課すべきだと主張、ほか12名は課すべきでないとの判断でした。
懲罰2


これで誰が市民のための放射線量測定を嫌がっているのかがはっきりしてしまいましたね。市長与党の無所属の会の行動が突出していますね。
  意味不明の懲罰要求をした、横領でお馴染みの被告君島雄一郎議員
  日米地協定問題発言が今後も尾を引く予感の評判が悪すぎる菊池俊一議員
  池子核施設発言が再認識されて注目の、ブラックリスト松本寛議員

あ”~ やっちゃいましたね、ストロンチウム平井の取り巻き議員会派


今年も最後まで学級崩壊の主役の座は譲らないという感じでしたね。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| 2011年12月23日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

逗子市議会 ストロンチウム横領事件?





横領でお馴染みの被告君島議員は、横領仲間を増やしたいの?

逗子市議会 ストロンチウム横領事件?



12/14のエントリ「除名されるのか?組合選出の問題児 横領でお馴染みの被告君島雄一郎議員」で、懲戒請求による議会空転については、現在調査中と触れた件について、隣町葉山の超有名サイト「葉山町インサイダー」と「おもしろ葉山」で既に、速報されていますね。さすが著名な町政監視サイトですね。
葉山だけでなく三浦半島全域の監視サイトとして頭抜けた存在感です。


遅ればせながら、釣り仲間の交換日記も既報をネタに酒の肴としましょう。

どうやらどんな手段でも目立てばOKという、組合(三浦半島地域連合)内選出の横領でお馴染みの被告君島議員が、またまたしでかしたようですね。

ホントに懲りないというか、この議員の幼児性は、ちょっとアレ、一般人の理解力ではよく分かりませんが、別の意味で本質的に問題ありなんじゃないでしょうか? 専門家のご意見を承りたく、以下自重。
少なくとも、税金で議員報酬をくれてやるのは、マズいんじゃない?っていうレベルですよね。


他の議員が専門機関に委託して、池子小学校の放射線量の土壌調査をした事に関して、ジェラシーを燃やして、
オレより目立つのは許さん!
とばかりに、壮絶な足の引っ張り合いを展開した。このエントリで予想した通りの展開ですね。

被災地から土壌をくすねて池子小にばらまいたんとちゃうか?
という因縁にもならない、暴言を吐いたようですね。
やるねぇ、横領議員 君島雄一郎被告!中2レベルの妄想力だね。

被災地から汚染された土壌をくすねたって、それって横領ってこと?


自分だけが横領議員って呼ばれるのが寂しいからって、単なる妄想で、他の議員を横領呼ばわりしちゃマズいでしょ。いくらなんでも。


幼稚園の学芸会以下と揶揄される逗子市議会。
もちろん、こんな問題児がいたら、担任の先生(=議長)が、
証拠を示して、発言してください。証拠が無ければ撤回してください。
と一言いえば収まる話でしょ。


岡本勇議長、この不規則発言を収拾することができずに、またまた議会は空転・・・いつものパターン


学級崩壊って、問題児だけの問題じゃないんだね。
担任の無能ぶりとのコンボで、ガラガラと学級崩壊するってことが手に取るようにわかる事例ですね。

岡本議長セリフ
全く議会をコントロールできない岡本議長(本文とは関係ありません)
(逗子市議会インターネット中継から引用)



この横領でお馴染みの被告君島雄一郎議員の嘘八百放言に対して、横領呼ばわりされた議員が、議長に対して君島議員の発言に関して精査を求めた

精査した結果、不規則発言が名誉毀損に該当するとして、横領呼ばわりされた議員が、横領でお馴染みの君島被告に対して懲戒請求を要求した。

ここまでは、わかるよね。うん。

横領議員に仲間になれっ!って、証拠も無く横領呼ばわりされたんだから、懲戒請求するよね。泥棒に泥棒呼ばわりされたんだ。そこまではわかる。


問題は、この「議場内での不規則発言に対して精査を求めた」行為を侮辱行為として、被告君島議員がカウンターの懲戒請求という意味不明の行動をとったことだね。
まさに幼稚園の学芸会以下と揶揄される逗子市議会の本領発揮ですね。

どうして「議場内での不規則発言に対して精査を求めた」行為が侮辱行為なの?
自分の放言が原因なんでしょ? もう分けわかんないですね。


更に問題なのは、侮辱でも何でもなく懲戒請求の要件を満たしていない、つまり受理されるはずのないカウンターの後者の懲戒請求を議長が受領してしまったというのが、議会空転に拍車をかけることになったんだね。

まさに問題児と無能担任のスペシャルコンボのなせるワザってとこなんでしょう。


しっかし、こんな横領議員に投票してしまう有権者って・・・
元職の武藤吉明氏の後任と勘違いしてしまったのでしょうか?
武藤元市議とは、まったく別人格ですよ。
武藤元市議は、横領しましたか?恫喝しましたか?他の議員を泥棒呼ばわりしましたか?年に何度も訴えられたりしましたか?? (・・・キリがないですね)

こんな幼稚な議員を推薦する組合の見識も疑われますよね。
日産労組とただならぬ関係にある浅尾慶一郎代議士も、組合に一言いった方がいいんじゃないでしょうか?
自らの党に所属する議員が、泥棒に泥棒呼ばわりされたんですよ。

そんな横領議員を内部擁立する組合には、一言あって然るべきかと、小一時間・・・


しっかし、市長与党の無所属の会の意味不明な懲戒請求によって、議会が空転して、ストロンチウム平井は高見の見物ですね。


次回は、この懲戒請求合戦の行方について、次期議長選に絡んだ幼稚な憎悪劇の模様を肴にしたいと思っています♪




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| 2011年12月21日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

逗子市議会を除名されるか?横領でお馴染みの被告君島雄一郎






除名されるのか?
組合選出の問題児 横領でお馴染みの被告君島雄一郎議員



昨日のエントリ「逗子市議会 ブラックリスト松本寛 天を仰ぐ(相変わらず酔っぱらって書いたのでしょうか?昨日の書き手は品がないですね)では、隣町葉山の「おもしろ葉山」にて、逗子市議会の懲戒請求について速報されていることに触れられています。
この葉山の町政監視サイト「おもしろ葉山」は、客観的なデータ分析に基づく緻密な論理構成と、膨大な情報処理能力に裏付けられた切れ味鋭い超有名人気ブログです。

どこかの酔っぱらい釣り好き仲間が書いている交換日記とは格が違う高貴なサイトです。引用するのも憚られます。昨日も酔っぱらった仲間が勝手にリンクして申し訳ございません。


さて、市長与党を自認しつつ横領でお馴染みの被告君島議員が、懲戒請求されたのは事実のようですね。12/12の一般質問2日目のトップバッターとして登壇し、いきなり同僚議員への不規則発言が飛び出し、議会紛糾→お決まりの議会空転という惨状は、もはや近年逗子市議会の風物詩になりつつありますね。まさに学級崩壊を地でいくレベルの低さに驚愕です。担任に相当する岡本勇議長の仕切の悪さも学級崩壊に拍車をかけているのは事実でしょう。


今回の空転劇の事実関係はまだ調査中ですが、近年逗子市議会では、この議会空転という真にみっともない惨状が度々生じています。その全ての空転に関わっている議員は、一人しかいません。
そう、組合(三浦半島地域連合)内選出の沼間の問題児「横領でお馴染みの被告君島雄一郎議員」その人です。(敢えてもう一人名前を挙げるとすれば、やはり岡本勇議長でしょうか。)

では早速、12/13の懲罰特別委員会に先立って処分要求している姿を確認してみましょう。

君島弁明3
            (逗子市議会インターネット中継から引用)
(泣いてるんじゃないんだからね)何とも精悍な表情ですね。やる気マンマンです。


今回の懲罰請求劇については、現在事実関係を調査中ですので、直近の議会空転劇について、少し復習してみましょう。


前回は、6月議会の最終日6/23の終盤に事件が起こりました。

みんなの党の高谷清彦議員が「外国人参政権」について意見書を提出しようと発議者を代表して趣旨説明をした際に事件が起きました。正確には「永住外国人の地方参政権付与の法制化に反対する意見書」を高谷議員は提出しようとしました。
つまり、逗子市議会として「外国人参政権」に反対の立場を示そう!と提起したのです。
これに対して、連合組合選出の横領でお馴染みの被告君島議員は、黙っちゃいません。
在日団体利権の代弁者と揶揄されることなんかお構いなしです。


因みに横領でお馴染みの被告君島議員が所属する団体の鎌倉支部の写真がこちらのようです。(画像クリック)

投稿画像が満載!ガゾックス
(ガゾックスから直接リンク引用)

確かにどこかの民団団体の旗の雰囲気に似ていると言えば似ているような、似ていないと言われても似ているような気がするのは気のせいでしょうか。


そんなことはどうでもいいのですが、組合内選出だからか、とにかく横領でお馴染みの被告君島議員は、「外国人参政権」に大賛成です。
この被告君島議員は、議会で「(我国が)侵略行為を行ったのは事実であって、その結果、朝鮮半島はじめ、多くの国を、その当事国の国民の意にそぐわない形で併合したということをやったのは事実であります。その結果、特別永住者という特殊な我が国に住んでいる在住外国人という方々が発生した」と発言しています。
外国人参政権」に反対する高谷議員の提案は、何としても潰したいと全力投球です。


因みに、逗子市議会は過去の経緯から「外国人参政権」に賛成というスタンスでした。真の保守が弱い(実質的に存在しない!?)土地柄が現れている代表的な事例かと思います。その経緯も含めて共産党の岩室議員が、今回の高谷議員の提案は、過去の議論に逆行するものだとしつつも、他の意見を認めない訳ではないという大人の姿勢を見せ「意見書を提案すること自体には問題はない」と発言した上で、高谷議員の意見書提出に反対しました。この対応が、普通の議会人の対応でしょう。オトナですね。


これとは対称的に、組合選出の横領でお馴染みの被告君島議員は、ロジックなんかお構いなしに、ただ「外国人参政権」に反対する高谷議員の意見書案を潰すことしか眼中にありません。そこで、本会議場内で高谷議員に対して「馬鹿!」という不規則発言が君島議員から飛び出し、その発言を巡って議長に精査を求めたことが事の発端でした。


ここでコントの主役の一人である岡本勇議長は「ご静粛に!って注意したでしょ」(以上)で、済まそうとしました。
逗子市議会の重鎮である岩室議員は、この岡本議長のイイカゲンすぎる対応に激怒。
自分の思想とは反対の意見書案を提出した高谷議員を養護すべく、議長に真っ向から反論しました。「議員の中に議員に対するばか扱いする、これは許されるわけないではないですか。それを議長が注意もしないでそのまま無視してしまう等というのはおかしいではないですか。」と。
マジメですね~。ホントにマジメを絵に描いたような対応です。


更に逗子市議会の長老 奈須議員がトドメの一撃。来年で議員生活30年を迎えようという大ベテランですよ。この大長老が一言「非常に長い議員生活のなかで、このような不規則発言を聞いたことがない」と。
過去30年に渡って、逗子市議会では、横領でお馴染みの被告君島議員のような問題児はいなかったそうです。

この重鎮と長老の発言を受けて、岡本勇議長は、暫時休憩を宣言せざるを得なくなり、議会は深夜0時まで空転したのでした。

もちろん深夜まで職員は拘束され、電気代などの光熱費もバカにならない。節約が叫ばれている時期に何をやっているのでしょうか、逗子市議会は。





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| 2011年12月14日 | 逗子行政・政治 | comment(1) | 編集 |

逗子市議会 ブラックリスト松本寛 天を仰ぐ






逗子市議会 ブラックリスト松本寛 天を仰ぐ


今年最後の定例議会が始まった。
12月9日は、一般質問の初日だ。

トップバッターは逗子市議会の重鎮 岩室年治議員だ。

逗子市議会名物の議長とのコントが見物だが、
今回はコントにならないように、オープニングトークで

「いつも市長のダラダラ答弁のせいで時間切れとなる。
簡潔な答弁を要求する!!」(キリッ)と切り込んだ。

これに対して、ストロンチウム平井市長もオープニングトークで
(コントにならないように)「簡潔に答弁しますね」(ニコッ)っと返した。

いつもはダメダメ議長とのコントだが、今回は市長とのコントの予感を期待させるオープニングだ。


被災地のがれき受け入れ問題や、ダブルプレミアム商品券の問題、市民交流センターの人件費の問題、池子問題など、逗子に関する多数の問題点について立て続けに質問した。
一回目の質問は、登壇して議長の前に立って質問するが、2回目の質問以降は自席から行うのが通例だ。

ネット中継のカメラもその慣例に基づいたカメラワークとなっている。
2回目の自席からの質問は、中継カメラのアングルは、岩室議員の席を見据えている。
カメラアングル的には岩室議員の後ろは、ブラックリスト松本寛議員となる。


2回目の質問で、池子問題の質問にさしかかったところで、思わぬ発言が飛び出した。

米軍のブラックリストに載せられている・・・・議員がいる。・・・池子施設への入場が拒否されている」

との発言があった。

そのとき、真後ろにいたブラックリスト張本人の松本寛が天を仰いだ!!
天を仰ぐ松本寛セリフ
     (逗子市議会インターネット中継より一部引用)

あー、それ、俺のことだよ。オレオレ、ブラックリストに載っているのは俺だよ
という、松本寛議員の心の叫びが、ネット中継を通じて伝わった!

このカメラアングルを意識して、岩室議員がブラックリスト議員の発言をしたとすれば、すばらしい情報リテラシーの持ち主だ。抜群のセンスといって良いだろう。


もちろんストロンチウム平井市長は、そんなことを言われても逗子行政に関する問題ではないので、完全スルー。
ブラックリスト議員がいるという発言だけが全世界に向けて発信され、ブラックリスト松本寛の存在が強調されただけという非常に香ばしい状況になった。

池子核施設発言」を契機としてブラックリストに載っている松本寛議員の問題は、日米安保の問題に発展する可能性すらある。

「池子の米軍関連施設に核施設があるのか?」という思想をもった議員がいるんだよ、逗子には。それも市長与党だ。市長の選対を務めた副市長のバックアップで当選しているのが、ブラックリスト議員だ。
もーあかんやろ、逗子市議会。


因みに、天を仰いだブラックリスト松本寛の右に座っているのが横領でお馴染みの被告君島議員だ。この瞬間、何を考えていたのだろう。


この瞬間が、初日にして今議会のベストショットと思われ、これ以上のトピックスは現れないだろうと思った。
が、一般質問2日目で、更なる出来事が起こることになるとは、このとき誰も思わなかっただろう。確信犯の「横領でお馴染みの被告君島議員」を除いて。


既に、となり町 葉山の格調高い町政監視ブログ「おもしろ葉山」で速報されている、「横領でお馴染みの被告君島議員の懲戒請求」については、事実関係を現在調査中です。ホントにこんな組合議員は、早く除名しないと逗子はますます伏魔殿になるよ。


それにしても、三浦半島連合(組合)は、こんなトラブルメーカーの横領議員をまだ推薦し続けるつもりなんだろうか?





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| 2011年12月13日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |

逗子の菊池俊一市議の評判が悪すぎる件





逗子の菊池俊一市議の評判が悪すぎる件


我々 釣り仲間はどちらかというとITオンチだ。どちらかと言わなくてもITオンチだ。

ネットの徘徊なんかする暇があったら釣りをしたいタイプの集まりだ。
リアルの街中の声を酒の肴に愉しむタイプってことだね。

ツイッターなんてよくわかんない。FACEBOOKって何?おいしいの?って感じ
あっ、仲間の一人がツイッターのアカウント持ってるらしいが使ったことなく放置プレーらしい。

そんな我々にツイッターの情報を教えてくれる奇特な友人がいる。その情報には、かなり笑った。


行政チェックのために法外な議員報酬を税金から貪ってチェック対象の行政の長であるストロンチウム平井を応援するという意味不明な会派「無所属の会」に所属する菊池俊一議員の評判がスコブル悪い。
悪いなんてもんじゃない。ボロカス、チ○カス扱いだ
炎上しすぎて腹イテェ


一例をみてみよう

kikuchi_twitter2.jpg

他にも盛りだくさん。とても参照しきれない・・・

ツイッター以外にも、ブログなんかでもヒーロー扱いだ。
例えばこちらのブログ記事を一部引用させて頂きますね

逗子市役所イメージダウンだわね。

逗子・葉山のこどもたちを守る会の陳情書は、逗子に元々あった会の人が、逗子の議員達に、

裏妨害工作をしたため、泣く泣く陳情を取り下げました。

子供達が健やかに過ごせるための対策を求めているのに、それを邪魔するって変ですね。

しかも、やり方が汚いです。一体何がしたいのかわからない。

子どもたちを健やかに育てたい会じゃないの?ストロンチウムの件も無かったことにしたいみたいだし。こんなんじゃ、逗子の対策は遅れてしまいますよ。

それから、逗子の議員さん方もどうなんですか?一市民が言ったことを事実確認もせずに、議会で市民の個人名上げて批判したり、ブログに書いたり。個人情報保護とか知らないの?名誉毀損で訴えられてもおかしくないわよ。

http://yaplog.jp/shunichi-k/archive/780

菊池議員のツイッターkikuchi_shunich

池子ヒルズ住民からの陳情: 今日から12月13日までの会期で平成23年第4回定例会が始まります。  興味深いのは今回、池子米軍家族住宅「池子ヒルズ」に住む米国人から陳情が2件提出され…http://yaplog.jp/shunichi-k/archive/780 #yaplog via yaplog! 2011.11.29 10:00

↑これ10時に書かれたものですが、9時半には陳情を取り下げています。

で、いくつもの放射線対策についての陳情が出ている中で、前の会の人のミキサー測定の陳情だけが、前回一致で採決されました。

「陳情の行方は? RT @kikuchi_shunich : 教育民生常任委員会終了。提案された議案は全て可決されました。」

「おお!なんと全会一致!ありがとうございます! RT @kikuchi_shunich : @*******「陳情43号 小学校・保育園の給食に関する陳情」は全会一致で了承されました。」



ここまで忌み嫌われるってのはアレだね。
一般人には理解できない、とっても人を怒らす才能の持ち主なんだよ、きっと。

火のないところに煙は立たぬ。ちょっと調べた方が良さそうなくらいの炎上だね。


この菊池俊一って議員は、確か1期目に一般市民から名誉毀損で訴えられた議員だよね。
そんで2期目の選挙は、大幅に票を減らして落選ギリギリの最下位だったというどうしようもない議員っていう認識しかなかったが、こんな面白いキャラとは。
3期目は近藤大輔県議の名簿の一部(2割くらい?)回してもらって何とか当選できたっていう印象だよね。

名誉毀損で訴えられてもおかしくないわよ。」って書かれてるねぇ
また訴えられるのかな学習能力ないのかな? ワクワクするねー
次の選挙は厳しいんだろうねー (激しく棒読み)


詳細は分からないが、どうやら議員が市民からの陳情提出の妨害に一役かったようだね。
いつもどおり議会事務局も真っ黒なんだろうね。
その過程で、議員の一般市民に対する恫喝なんかもあったとかなかったとか・・・う~む
逗子名物『議員の足の引っ張りあい』ほど醜いものはない」というエントリで予想していたとおり、既にとっても醜い足の引っ張り合いが始まっているようだね。
逗子生まれ逗子育ちがウリの議員でこれってことは、この醜さは逗子のDNAなのか!?


ホントにストロンチウム平井の取り巻きには笑わせてもらえる。


このすこぶる評判が悪い菊池俊一議員は、市長与党(意味不明)と自認している「無所属の会」に属している。
もちろん会の代表は、横領でお馴染みの被告君島雄一郎議員、他のメンバーは「池子核施設発言」で名を馳せ、米軍にブラックリスト指定されているブラックリスト松本寛という豪華メンバーだ。


議会と市長とがズブズブの関係の自治体って逗子だけじゃないと思うが、これほどお互いに真っ黒な関係ってどうなのよ?




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| 2011年12月07日 | 逗子行政・政治 | comment(1) | 編集 |

何をやっても裏目に出るストロンチウム平井市長





何をやっても裏目に出るストロンチウム平井市長の御祓いのススメ


12月1日付けでストロンチウム平井市長が、税金でデマゴギービラを各戸配布したね。

平井-0001
平井-0002

相変わらず突っ込みどころ満載のデマゴギーを税金で賄うクソっぷりは健在
タイミング的に一番グッときたのは、一番最後にとってつけたような「給食食材の測定について」の項目だ。

「規制値は、200ベクレル相当とする」と堂々と記載して各戸配布してしまった。

仕方ないよね。カネがないから、本格的な測定装置の導入はできないんだよ。家庭用の測定器で、その装置の下限ギリギリの検出感度が200ベクレルだもんね。
測定基準値ギリギリの厚生労働省の規準に準拠していない家庭用測定器でごまかそうとした、初動のミスがこの後の後手後手泥沼のストロンチウム平井のクズっぷりをさらけ出すことになる。

11/25のエントリ「逗子市議会という学芸会への出演ギャラは720万円」で既に触れたように、11/22の時点で逗子市は、同じ内容のプレスリリースを発表していた。
ただ、この時点で、文部科学省の規準が少なくとも200ベクレルの1/5~1/4に変更されることは関係者の間では周知であったので

この後手後手の対応が、なんとも平井らしくて惚れてしまう。
おまけに規準がデタラメという平井らしさも健在だ。


と敢えて、逗子市行政のデタラメっぷりに触れておいた。

加えて、あまりにも杜撰で市民を欺く気マンマンのプレスリリースだったので、改めて先の11/28のエントリ「市民を弄ぶ快感がたまらないストロンチウム平井逗子市長」でも、家庭用の測定器で基準値にも満たない測定で市民をダマそうとする平井のクズっぷりをネタにしたところだ。


そしたら、まさかのタイミングで文部科学省がやってくれましたね。以下、朝日新聞の電子版の一部引用。

給食に放射能基準 1キロ40ベクレル 東日本17都県

 文部科学省は30日、小中学校の給食に含まれる放射性物質を「1キログラムあたり40ベクレル以下」とする安全の目安を定め、東日本の17都県の教育委員会に通知した。給食について文科省が目安を示すのは初めて。国費の補助で測定機器を購入して検査結果を公表することを求めており、事実上の基準となる。


ストロンチウム平井にとって痛恨だったのは、この新聞発表が、逗子市の個別配布デマゴギービラの日付と同じ12/1であり、11/30付けで文部科学省が、給食食材についての放射線量の規準を40ベクレルと通知したと報道されたことだ。

つまり基準値が40ベクレル以下になることは、関係者であれば誰でも知っており、逗子市はプレスリリースを発表するに当たって、文部科学省に確認していないか、確認したけれども敢えて無視したか、理解できないほど○○だったか・・・
疑念が疑念を呼ぶ、ストロンチウム平井のクソ行政の実態を色濃く反映するグダグダぶりだ。

因みに逗子市がプレスリリースを発表するときは、後ろめたいことがあることが多いのも周知の事実。


陳情締め切りの11/21の時点で、市民団体からも200ベクレルでは、改定規準に全く達していないという指摘を受けながら、敢えて無視して、独自規準の家庭用装置を購入し、独自の200ベクレルという規準を、12/1に全戸配布してしまうというマヌケさ。

数々の悪行が祟って、運とタイミングに見放されたストロンチウム平井のこの先に未来はあるのか?

早く御祓いでもしないと、こりゃマジでヤバいんじゃないの?




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| 2011年12月04日 | 逗子行政・政治 | comment(0) | 編集 |
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。