逗子市井TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 逗子行政・政治 ≫ 放射能報道で逗子もピンチ!

放射能報道で逗子もピンチ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。
キマグレンの騒音は許せないが、小学校給食の放射能汚染は気にならない逗子市議会


逗子市議会の今定例会において、
「5年後10年後子供たちが健やかに育つ会」(葉山逗子)から1480名の署名付の
陳情「小学校の給食食材の放射線量調査を求める陳情」が提出された。

陳情の付託先は、教育民生常任委員会。委員長は、キマグレンの海の家問題のおかげで横領が一躍有名になった君島被告が務める(この時点でアウトだろ、普通)。


まぁいいや(よくないが)、気を取り直して続ける。

この教育民生常任委員会には10名の議員が所属している。
議員名簿順に列挙すると以下の通り

横 山 美 奈
原 口 洋 子  (賛成)
加 藤 秀 子  (賛成)
毛 呂 武 史
岩 室 年 治  (賛成)
田中 英一郎
匂 坂 祐 二
君島 雄一郎
丸 山 治 章
岡 本 勇


陳情の審査の結果、原口、加藤、岩室議員以外は全員反対し陳情が否決された。陳情当事者のブログにも否決事実が記載されている。
http://peacezushi.exblog.jp/16402494/


まぁほっとけば放射線量なんてじきに減っていってみんな忘れちゃうだろう。今は単なるブームだよっ!て他の議員は考えたのかな?
ガキの給食なんて知ったことかよ!」とか「小学生に選挙権はないんだよ!」って感じなのか
確かに9月頃には放射能の報道も一時のピークを越えて下火になった感じもしたな。


しかし、この陳情を否決したとたん、タイムリーなことに、横浜市港北区のマンション屋上からそこそこの放射線量が検出されたり、なんともバツの悪い状況になってきた。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111012/t10013212221000.html


順風満帆に見えた平井市長の2期目は、タイミングや運から見放されつつあるようだ。


それよりも「4人の子供を育てる母親」像のイメージで売り出した「横山美奈」議員が反対とはね~(棒読み)
平井市長側に寝返ってからの彼女の行動は分かり易すぎる。

これも選挙時と当選後の言動不一致の典型例だね。


(つづく)










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。