逗子市井TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 逗子行政・政治 ≫ こんな逗子の放射能調査結果は嫌だ

こんな逗子の放射能調査結果は嫌だ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。


市職員・組合が泣いて嫌がる逗子の放射能調査結果の衝撃
  ~市民の安全を蔑ろにする組合活動~



お隣葉山の超有名サイト「葉山町インサイダー」に
逗子・池子小学校で異常に高いセシウム検出。加藤議員ら市長に要望書。
http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/a4881e958c01166c056b4cc109cc2cba
という記事がエントリされている。

どこかの無責任な内輪の釣り仲間トークと違って、格調高い硬派なサイトだ。
引用させて頂くのもおこがましいとはこのことだ。

逗子市内の保育園や小中学校を中心に子供が多く触れる可能性がある「土壌」の放射能汚染について超党派の議員によって調査されたものだ。


本サイトでも取り上げたとおり、逗子は、小学校給食の食材の放射線量測定調査の陳情さえ否決してしまう自治体だ。

そりゃ公務員である逗子市役所の職員の仕事が増えるだけだから、行政としては国や県から予算をもらわない限り、まずやりたくないよね。子供の安全よりも自分の仕事が増える方がイヤだという役人魂からすればもっともな話だ。

組合系の議員を中心に陳情を否決してもらうのが一番手っ取り早いよね。


こんな状況の逗子市議会では、とても党派間の調整や、会派でのすり合わせをしていられない。
本当に子供の安全を考えたら、超党派の有志で独自に調査をするしかない。

で、超党派でアクションをおこす
→ 大人の事情で超党派に参加できなかった議員の足の引っ張り合いが生じる! 
今後の楽しみの一つとなる♪


何もしない行政に業を煮やした超党派の議員が横浜の「同位体研究所」に本格的な調査を依頼して、10/7土壌をサンプリングして得られたのがこの調査結果だ。


池子小学校の土壌の高濃度セシウムの値にはちょっとビックリすると同時に、この結果を突きつけられたら行政は困るよね。ホントに困る。だって客観的な数値を見せつけられて何もしないってのはマズいだろ!ってことになるよね、普通。

以下、今後の展開を予想・・・・


<市役所内での秘密会議>

どーすんだよ! そーだ!
こんなときに組合系の議員がいるんじゃねーか!

早速、組合系の議員に頼んで、この調査結果に難癖をつけてもらおう!

そーだな、例えば、
本当に学校の土壌をサンプリングしたのか? 証明できるのか?
とか、
ちゃんと校長の許可をとったのか? え、どーなんだ?
とか、
何でもいいから、超党派のパフォーマンス議員の足を引っ張る工作を依頼しよう!

<市役所内での秘密会議 おわり>


で、おそらく次の議会では
子供たちや市民の安全を守るはずの調査は置き去りにされ
議員同士の足の引っ張り合いが展開されるのに1000点。
さすが逗子だよね、ホンモノだ。


市民の皆さんは、誰が調査を推進するのに協力して、誰が足を引っ張ろうとするのか、よ~く観察して、次の選挙に活かすとよいかもね

野次馬的には、逗子ならではの醜い足の引っ張り合いをみるだけでご飯三杯はいけるな

(まだまだつづく)





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。