逗子市井TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 逗子行政・政治 ≫ 逗子の市議会議員はどこまでお調子者か?

逗子の市議会議員はどこまでお調子者か?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。




逗子の市議会議員はどこまでお調子者か?


一般市民には全く関係なく、一部の関係者だけは、そろそろ12月議会が気になる頃なのでしょうか。釣り仲間のみなさまいかがお過ごしでしょうか、1ヶ月ぶりに書き込んでみます。

2011/10/20のエントリ「逗子の議員は原発が嫌い?」でも記載されているように、9月議会の前に、ある市民団体が逗子の市議会議員にも原発・放射能汚染に関するアンケートを実施してましたね。


確認のために、もう一度そのアンケート結果を見てみましょう。
table-4.jpg
正確なアンケート内容
※a 国の暫定規制値を満たしている食材を使う
※b 暫定規制値内の食材を使うが、モニタリングを強化し弁当持参も許可する
※c 暫定規制値は甘くモニタリングも不十分なので、食事の生産地を厳選する



今度は、別の市民団体が、12月議会の前にアンケートを各議員宛に発送されたようですね。
議員の皆様のお手元には既に届いているかと存じます。


実態は8月頃とさほど変わっていないにもかかわらず、ストロンチウムが検出されたり、要望書が出されたり議員さんを取り巻く環境は大きく変わったと思われます。


特に9月議会で給食食材の放射線量調査の陳情に反対した議員や、アンケートに回答しなかった議員を取り巻く環境は、議員さんによっては厳しいものがあったかも知れませんね。
自民党はともかく、公明党なんかは大丈夫だったのかな?
支持者になんて答えてたんでしょうね。興味が尽きません。
みんなの党も対応を一歩間違えると、どうなってしまうんでしょうか。


さて今回の別の市民団体のアンケート。
前回、給食食材の放射線量調査の陳情に反対した議員さんたちがどのように回答するのかが注目されるところですね。

おそらく今週後半くらいから、次第に情勢が明らかになってくると思われますので、いずれ、どの議員がどのように変節したか、場渡り的に調子こいているかあぶり出されてくるんだと思います。


ストロンチウム平井も、続々と要望書というラブレターが舞い込んできて嬉しい悲鳴ですね。


武者行列の仮装なんかに興じてる場合じゃないかもしれませんね。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
スポンサードリンク
★*****★
タグ:ストロンチウム 
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。