逗子市井TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 逗子行政・政治 ≫ 逗子市 ストロンチウム平井市長 45歳からの老害防止

逗子市 ストロンチウム平井市長 45歳からの老害防止

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。




逗子市長ストロンチウム平井 45歳からの老害防止


やっと正月休みボケから生還しつつあります。
海外で年越ししたせいもあり、リハビリに時間を要したようだ。

この交換日記への書き込みはかなり久しぶりだ。
「逗子は釣り日和」の頃と比較すると随分雰囲気が変わったと実感する。


一番大きな違いはアクセス数の多さだろう。
お隣り葉山の超有名サイト葉山町インサイダー1万PV/日には及ばないものの超ローカルネタだけで、更新頻度も低く、アクセス数に無頓着な交換日記のわりには信じられないアクセス数だ。


何が原因かはよく分からないが、やはり議員や行政が自分達が言ってることと実際にやってることのギャップが確認できる情報を酒の肴にしているからだろう。真実はおぞましいね。
議員や行政の自己発信情報がいかに欺瞞に満ちているか・・・ネタは尽きない。


読者からもたらされた情報では、キマグレンのキマグレ日記というブログではこの交換日記「逗子市井」が「逗子で最も影響力のあるサイト」と紹介されていたそうな。そんなことは無いと自負しているが、些か注目されすぎるのは不自由な感じがすることは否めない。


それにしても最近のエントリでも多いに笑わせてもらった。新春一発目の「逗スポ」(やはり、「トウスポ」って読むのだろうか)には初笑いを誘うアイロニーが程よくちりばめられ、楽しませてもらった。


行列のできる市長の器」のエントリ記事で改めて思ったこととして、平井君(ここではストロンチウム平井と称するんだろうな)は、もう45歳になったんだな。


若返りが著しい逗子近辺の首長と比べると、これでも高齢の部類に入ってしまうのだろうか。先日行われたお隣の葉山町長選挙では、44歳の立候補者が、連合など既得権益の利益団体のしがらみとみなされて、若き34歳の無党派候補に敗れたのは衝撃的だ。

逗子市長も他聞にもれず、地元の有力者をはじめ既得権益の利権にどっぷり浸かってしまっているので、若くてクリーンな候補が出てきたらひとたまりもないだろう。悲哀を感じさせるのも無理はない。


ストロンチウム平井君の今後の見の振り方を考えると微妙な年齢だ。
45歳と言えば、先日BBCに「Brain function can start declining 'as early as age 45'」という記事が掲載されていた。「reasoning」つまり「論理的思考」は45歳から衰えるそうだ。


最近の議会答弁を聞いていてもストロンチウム平井君の答弁の質の劣化は否定できまい。
もっと質問者の話しをじっくり聞いて、よく咀嚼して答弁しなければ本当に税金と時間の無駄以外何ものでもない学芸会に成り下がってしまっている。




学芸会以下と揶揄される逗子市議会は、主要マターの質問通告だけでなく、その後の派生した細かな質問まで全て事前にすり合わせる完全ヤラセ方式だ。

質問する議員は細かい質問事項まで全て事前に担当所管に通告するが、行政側理事者側は、どの程度答弁するかは彼等の気分次第だ。

二院代表制の根幹を蔑ろにして、市長の取り巻きに成り下がっている市長与党を自他ともに認めるポチ議員には市長はリップサービスも含めて調子よく答弁する。
一方、二院代表制を全うすべく行政に耳の痛い質問をする議員にはいわゆる官僚答弁に終始し、実質的な市政の改善は議会では望めない。


そんな学芸会レベルの逗子市議会が多少変わったかな?と思わせるのは新人議員の加藤秀子議員の影響は少なくないだろう。この交換日記では、カミソリ加藤と称され、切れ味は鋭いが巨木(巨悪?)を倒すに至っていなと揶揄されているようだ。
まだ新人2年目で伏魔殿行政を倒壊させるのは難しいだろうが、今年も多いに暴れてもらいたい。

このカミソリ加藤議員に関して、昨年末の議会で少し気になったのだが、放射能問題に前のめりになるあまり、事前通告していた不適当な補助金注入問題を質問しわすれるなどの凡ミスが散見された。

質問されなかった、代表監査や担当所管の理事者側の安堵した表情が印象的だった。

目立つ議員だけに下らない凡ミスで行政や議長に足元を救われないように注意を促したいところだ。議長や市長は、彼女の発言を聞いていないかのような対応をするのが気になる。


議会を傍聴していると、この加藤議員は小柄なせいか若干声が高いように感じる。
高周波数帯域の音声が、高齢の議長や劣化が著しいストロンチウム平井君に聞こえていないということはないだろか?


モスキートテストという有名なテストを簡単に試せるサイトがあるようなのでコント議長とストロンチウム平井君は試してみたらどうだろう。

耳年齢チェック
モスキートゲーム_400x300
http://www.bebyresound.jp/experience-be.htm


あまりの耳の劣化具合に衝撃を覚えることうけあいだ。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。