逗子市井TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 逗子行政・政治 ≫ ウルグアイのハンド

ウルグアイのハンド

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。
ゴール前ハンド、スアレスの出場停止1試合だけ

 国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会は3日、準々決勝でハンドを犯し、退場処分を 受けたウルグアイのFWスアレスについて、1試合の出場停止処分とすることを発表した。

 処分が1試合にとどまったことで、スアレスは、 ウルグアイが勝ち進めば決勝に、準決勝で敗れた場合は3位決定戦に出場できることになった。

 スアレスはガーナ戦の延長後半ロスタイム に、相手シュートを両手ではじき返し、決定的な得点機会を阻止したとして一発退場になった。この反則でガーナに与えられたPKをジャンがバーに当てて決め られず、PK戦の末にウルグアイが40年ぶりの準決勝進出を決めた。
(2010年7月4日17時58分 読売新聞)

他の報道では、内容は同じで見出しが、

ウルグアイが4強進出! 退場ハンドのスアレスがヒーローに/W杯
(http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100703-00000012-ism-socc)

【W杯】ウルグアイ・スアレスは1試合出場停止 ガーナ戦でハンド 決勝、3決は出場可能 (産経)

などと報じられている。


これって、ルール上は仕方ないんだろうね。
ただ、気持ちとして「認定ゴール」としてあげたい!っと言ったところだろうか。


先日の逗子市議会の様子を思い出した。

何名かの議員が、ルール(法律)を無視した主張をして、行政に迫る姿勢を見せた。

「ウルグアイのハンドは納得できないので、ゴールとすべきだ!」
「審判やFIFAは、ゴールと認定しないのはおかしい!」

と騒いでいるってことだろう。

議会って、こういうことをやるところなのかな?

本質的に疑問だ




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。