逗子市井TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 神奈川全般 ≫ 違憲だとどうなるの?

違憲だとどうなるの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。
裁判所はホントに保守的だよね。

1票の格差:7月の参院選「許容限度は3倍程度」 高裁岡山支部「違憲状態」

 議員1人当たりの有権者数を比較した「1票の格差」が最大5・00倍だった7月の参院選の定数配分を巡り、複数の弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の判決が16日、東京高裁と広島高裁岡山支部であった。岡山支部は「憲法が許容する限度を超え、投票価値の著しい不平等状態が生じていた」と述べ、「違憲状態」と判断。東京高裁も「大きな不平等がある状態」と指摘した。=一部地域既報

 今夏の参院選については全国8高裁6高裁支部で同様の訴訟が起こされている。各地で「違憲」「違憲状態」「合憲」と判断が分かれており、最高裁が統一判断を示す見通し。

 16日の判決で、岡山支部の高田泰治裁判長は、参院の独自性や2・62倍だった憲法施行当時の格差をふまえて「許容限度は3倍程度」と合憲の目安も提示した。人口の少ない県について「隣接する都道府県などと合わせた選挙区にすることも考慮すべきだ」と述べ、是正方法にも言及した。

 ◇「大きな不平等」東京高裁も指摘

 また、東京高裁の前田順司裁判長は「憲法上の重要な要請である投票価値の平等という観点から大きな不平等がある状態」と指摘。実質的な「違憲状態」判決を言い渡した。最大格差が神奈川・鳥取両選挙区間で生じたことをふまえ「鳥取の選挙人が1票なら神奈川は0・2票。このような格差が常態化して良いはずはない」と国会に是正を迫った。

 一方で両判決は、国会がこれまでにも定数配分見直しを行い、次期選挙(13年)での格差是正に向けて具体的検討に入った点を考慮。国会による裁量権逸脱を否定し、選挙無効の請求は棄却した。

 最高裁は最大格差が6・59倍だった92年選挙を違憲状態としたほかは、いずれも合憲判断を示している。選挙無効訴訟は公職選挙法の規定で高裁が1審。【石井尚、石戸諭、和田武士】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101217ddm041040074000c.html



基本的人権の問題に等しいかと・・・
神奈川県民はもう少し本気になるべきかと。

ただ、神奈川じゃなければ千葉景子は当選してたわけだし、微妙ではある。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。