逗子市井TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 逗子行政・政治 ≫ 2度タイミングを逃した男

2度タイミングを逃した男

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。
昨日のエントリ記事を読んで、
一人区での県議会議員というのもなかなか大変だと思った。

確かに彼は、浅尾氏が当時民主党神奈川県連の代表を務めていたときに民主党の推薦をもらって県議に当選した。

世の中のトレンドは、自民党に嫌気がさしていた頃であり、時流に乗った選択だったと思う。

しかし、大石尚子議員が3度にわたって席を譲らなかったのと、その後、民主党に長島氏がつけ込んだ結果、民主党神奈川県連と民主党本部との調整がうまくいかず、浅尾氏は民主党を除籍となり「みんなの党」へ移籍した。

このタイミングは、先の衆議院選挙直前のことであり、トレンドは完全に民主党へ風が吹いていたときであった。そのまま参議院に残っていれば、浅尾氏は防衛大臣は確実と目されていた。

目の前の大臣のイスが確実な状況で、与党確実と見られていた民主党から離脱したのは、かなりハイリスクな選択であった。

このタイミングで、近藤県議にも民主党からみんなの党への移籍の話があった。
このタイミングで近藤県議がみんなの党へ移籍していたら、リスクテイクに対して最高のリターンをもたらしたであろう。
しかし、彼はこのハイリスクな選択をとることはなかった。世の中の民主党支持の追い風を肌で感じていた彼に、そんな選択は考えられなかった。

このハイリスクの選択をしたのは、先の市議選でともに2000票以上の得票があった高谷清彦市議と、毛呂武史市議であった。
高谷氏は、1期目の市議を勤めていた浅尾氏の元秘書という立場上、浅尾氏の移籍に伴ってみんなの党へ移籍するのは自然な流れであったが、当時の民主党への風を考えれば、民主党に残っていたかったという思いはあっただろう。
本当の意味で、リスクテイクをしたのは毛呂市議だろう。長島一由氏が神奈川4区の民主党代表となれば、毛呂市議がその長島民主党体制の中に残るのは針のむしろの上に座り続けるのに等しい。

近藤県議の夢モノローグにもあった「複雑なめぐり合わせ」について、彼のモノローグでは半分しか語られていない。

キーパーソンは長島氏だけでなく毛呂議員も重要なカギとなる。

長島氏が市長時代に、妻の有里氏を市議に擁立したことにより、その余波で毛呂氏は落選の憂き目を見ている。また毛呂氏は、もともと県議志望であったことも「複雑なめぐり合わせ」の原因になっている。

このような状況で、毛呂議員は、長島民主党に残るという選択肢よりも、浅尾氏についてみんなの党に移籍するというリスクをとった。

この毛呂氏のリスクテイク行動によって、一番大きな影響を受けたのが近藤県議である。
来年の統一地方選挙で毛呂氏が県議に立候補する可能性がある以上、今となって同じ選挙区で浅尾氏率いるみんなの党への移籍は難しい。

支持率低下が止まらない民主党というレッテルと、地元では必ずしも評判が芳しくない長島氏率いる民主党というイメージもマイナス要因である。


浅尾氏の移籍のタイミングでハイリスクな選択ができなかった近藤県議の前に、突然ふってわいたのが先日の民主党・かながわクラブ県議会議員団からの3名の離脱→みんなの党への移籍事件だ。

近藤県議がこの事件を事前に察知していれば、またはその輪に入っていれば、トレンドに敏感な彼のこと、いち早くみんなの党に移籍していた可能性は十二分にある。
5/13の記事でもその思いが強くにじみ出ている。長島民主党と距離をおいて、中身は浅尾派であることを「仲間」という表現で強く現している。

しかし、離脱した3名の議員たちは、近藤県議に「今のところ他党との接触は無い」と話していた時点で、みんなの党へ移籍することは決まっていた。
近藤県議が、2度目の移籍のタイミングを逃した瞬間である。

一度目は、民主党への追い風でリスクテイクできず、2度目は離脱した仲間に誘ってもらえなかったことが原因だ。

先の逗子市議選でみんなの党に仁義をきることなく、民主党の応援団として全面に出て活躍しすぎたのも遠因の一つだろう。民主党に風が吹き続けていると錯覚したのだろう。そして、応援団として結果を出し切れず、みんなの党に惨敗したことも結果として、みんなの党への移籍を遠ざけてしまった。先の市議選での態度表明は、決定的なものとなった。


最近、近藤県議と浅尾代議士が同席するような場には、必ず浅尾代議士の横に毛呂議員が寄り添っている。浅尾代議士と近藤県議が接触するのを毛呂代議士が阻んでいるように見えるのは気のせいだろうか?

それとも夢を見ているのだろうか・・・・


強引な夢オチへの誘導も失敗に終わったか

ちゃんちゃん



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
スポンサードリンク
★*****★
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
Copyright (C) 逗子市井. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。